台湾

台湾・花蓮のあったかくてやさしい旅⑥~ 旅を終えて〜Love and Travel「台湾東部への観光支援」

台湾はやっぱり心地いいところで、美味しくて、あったかくて、誰もがやさしいところでした。

出会った人たちは、みんな優しかったし、何よりも日本のことを愛していてくれました。

そして、今回ホームレス小谷さんとご一緒して改めて感じたことは、
思いの等価交換は、気持ち良くて嬉しいことだな、ということです。
何かを持っていなければ、誰かとコミュニケーションが取れない、
わけではありません。
言葉が話せなければ、誰かに何も伝えることができない
わけではありません。
たとえ自分がなんにも持っていなくても、相手を思いやることはできるし、結構通じあえることなんだと。

結局、学んだことは
「愛」みたいなもの
だったのかなぁ、と今思っています。

タロコのお寺で出会ったおばさんたちとの会話は、この旅を集約したようなひと時でした。

「私達は何もいらないわ。
私達は日本人に来て欲しい。
ただそれだけ。
私達は日本人が好きだから。」

何かをあげる気分でぶつかったら、逆に彼女たちの熱い「思い」をもらっちゃって、ふい打ちに圧倒されてしまった僕たち。

愛は強し、です。

皆さんも気軽に台湾に行って、そして是非花蓮に行って、
思い切り、台湾の人の愛を感じてきて下さい。

Love and Travel
PINK
萩原勇太

P.S
今回、私のようなポンコツガイド?の同行を優しく許して下さったホームレス小谷さん、もんちゃん、ヤンくん、タキモトさんに感謝いたします。
ありがとうございました!

「台湾・花蓮のあったかくてやさしい旅」の他の記事

ツアー検索(台湾東部への観光支援)

2018年2月6日花蓮県近海を震源とした震度7、マグニチュード6.4の地震が発生しました。現地では風評被害による観光客減少が危惧されている…。それを知った西野亮廣氏は、自身が立ち上げたレターポットにて早々に「台湾東部への観光支援」と銘打ち、被災地へ行ってみようという試みをスタートさせました。それは2018年3月12日出発で実現し、その旅行をPINKが手配しています。

ツアーを探す

関連記事

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA