台湾

西野亮廣さんのレターポット企画「台湾東部への観光支援」で花蓮県へ3泊4日旅行-ことの始まり

西野亮廣さん企画「被災地訪問 in 台湾」

去る2018年2月6日夜、台湾東部にある観光地の花蓮で大規模な地震がありました。

そして、日本でもSNSなどで色んな情報が飛び交う中、キングコング西野さんが
「被災地に観光へ行こう」
という提案をされたのはご存知でしょうか?

レターポットお悔やみ画面

※レターポットサイトより「公開ポット「台湾東部への観光支援」 | LetterPot (α)

上記レターポットによると、今回の地震が日本の震度7に近しい揺れだったにもかかわらず、地震国台湾としての普段の備えからか2年前にも発生した大地震の教訓からか、花蓮はすでにおよそ日常を取り戻していて、むしろ観光地として困るのは物資でも食料でもなく風評被害による旅行客の減少だそうです。

台湾に観光に行こう - その提案の趣旨に賛同し、また縁あってこの企画と繋がることのできたPINKは、本業である旅行でお手伝いさせていただくことにしました。

お手伝いの内容とは、
①西野さん企画でレターポットのスタッフさんが現地観光へ行く旅行手配と同行
②一般の方でもスタッフさんの旅行が追体験できる台北・花蓮旅行のご提供
被災地に行こう~台湾・電車に乗って 海と山の街 花蓮へ4日間<4名プラン>
※台湾旅行は人気でも花蓮へ足を運ぶ人は多くないんです

このページでは①のレターポットスタッフさんに同行するPINKの中の人が、スタッフさんの観光ツアーをレポートすることで、花蓮の「今」とその魅力をお伝えしていきます! では、3泊4日の台湾花蓮県への旅、行って参ります。

関連記事

台湾被災地支援旅行 2018年3月12日(1日目)
台湾被災地支援旅行 2018年3月13日(2日目)
台湾被災地支援旅行 2018年3月14日(3日目)
台湾被災地支援旅行 2018年3月15日(4日目)

ツアー検索(台湾東部への観光支援)

2018年2月6日花蓮県近海を震源とした震度7、マグニチュード6.4の地震が発生しました。現地では風評被害による観光客減少が危惧されている…。それを知った西野亮廣氏は、自身が立ち上げたレターポットにて早々に「台湾東部への観光支援」と銘打ち、被災地へ行ってみようという試みをスタートさせました。それは2018年3月12日出発で実現し、その旅行をPINKが手配しています。

ツアーを探す

コメントを残す

*