日本

FEEL ALIVE|「生きていること」を実感する体験旅

自然の中に溶けてみる?

単なる観光旅行なら、自分ひとりでも行けるはず。
「あぁ、今生きてるんだなぁ。」と思えるような体験はそこらにあるツアーでは中々思えない時間です。

例えば冬の北海道。大自然の前に自分のちっぽけさや都会の生活がどれほど特殊であるかを考えるのに素晴らしい場所です。
例えば無人島。何にもない中で「生きのびるってどうすればいいんだろう?」と考える時間。そんなことは町にいては決して体験できないことです。
これから春に向けて、様々な方がお仕事や学校など新たなステージに向かうシーズンです。
もしかしたら自分の今後のプロフィールに書けるような体験が、ここにあるかもしれません。

北海道帯広 ■究極のサ旅?厳寒の十勝でトレーラーハウスに宿泊■

トレーラーハウスを客室としたアウトドアホテルに宿泊

何にもない、何にもない、まったく何にもない。

帯広駅から車で90分、とかち帯広空港から車で40分。晩成温泉に隣接している晩成Grand Suite。
トレーラーハウスは25㎡。ベッド3台で4名様まで宿泊可能なトレーラーハウスを客室としたアウトドアホテルです。サウナ、ダッチタブ(洋式露天風呂)、ウッドデッキを完備しています。
約900㎡の自然を占有したサイトには、薪式露天風呂やサウナを併設しています。

滞在中のお手伝いをさせていただくコンシェルジュサービスもご提供しているので、不測の事態の際も安心。
北海道十勝地方は、 厳冬期にはマイナス20度ほどに到達する日本有数の寒冷地。 冬季には河川や湖が凍結します。この環境を活かしたアウトドアサウナアクティビティ <十勝アヴァント>は冬季限定でしか味わえない究極のサウナ体験。サ道を究めたい方にお勧めのプランです。

木製のベンチ&ウォールや本格派の薪式サウナヒーター。キャンプ感覚で炉内で火を焚いて温まり、熱したサウナストーンに水をかけて 水蒸気を発生させるロウリュもお楽しみいただけるのが魅力。 貸切だからこそ、自分好みに調整できるのが魅力。

トレーラーハウス内の設備

ロフトにダブルベッド(1台)+シングルベッド(1台)+ソファーベッド(シングル1台)       ・ダイニングテーブル(椅子4脚)・シンクとIHコンロ(1口)・電気ケトル(Balmuda)・ミニ冷蔵庫(有料ドリンク)・ワインセラー(有料ワイン6本)・トイレ(ウォシュレット付き)・洗面台(ドライヤー/手鏡)・シャワー(シャンプー/コンディショナー/ボディソープ)・ポケットWi-fi・水・コーヒー・紅茶・水着・晩成温泉入浴券・食器・各種調味料

夕食は十勝海鮮鍋
・十勝産の食材をメインに、牛肉や豚肉、旬の海産物やお野菜をセットにしてご用意いたします。
・クーラーボックスに食材を入れてお渡しいたしますので、サイトに常備してある調理器具を使用してお客様自身で調理をしていただきます。
〈一例〉特上カルビ、特上タン、特上ロース、特上サガリ、ホタテ、豚ロース、鶏小肉、季節の野菜の盛り合わせなど

その他の設備 

・ウッドデッキ(50㎡)
・本格スウェーデン式サウナトレーラー セルフロウリュ可(定員4名)
・ダッチタブ(薪沸かしのオランダ式露天風呂/定員4名)
・バーベキューグリル(木炭使用)
・薪炊きピザ窯
・焚火エリア
・薪
・着火剤
・ライター
・炭
・高級キャンピングギア完備(照明、椅子、テーブル)
※隣接している晩成温泉も無料でご利用いただけます。
(営業時間:9:00-20:30 休館日:4月-9月 第2、第4火曜 / 10月 -3月 毎週火曜日)

アメニティ:バスタオル・バスローブ・フェイスタオル・歯ブラシ・ボディソープ・シャンプー・コンディショナー

さらに究極の極寒サウナ体験 ~十勝アヴァント

凍結した川の氷を切り出して穴を開けることで 川が水風呂代わりになるアイスホールを、 事前にスタッフが作ってくれて、 アイスホールのそばにサウナテントを設置致します。
また、 サウナのそばにはリラクニングチェアもご用意。
ゲストは現地へお越しいただくだけで、氷上でのサウナ体験がお楽しみいただけます。

料金・お申し込み

トレーラーハウス1泊+夕食&朝食付き 1泊2日間 
晩成 Grand Suite 1日1組限定
IN 15:00〜21:00 OUT 11:00

¥85,800(税込・2名様利用時)
¥95,700(税込・3名様利用時)
¥105,600(税込・4名様利用時)

運営会社:株式会社Moveing Inn

–>

長崎壱岐 ■無人島に泊まる■

島国である日本には、あらためて見直すと日本にはたくさんの島があります。
島の多い国ランキングでは世界8位の6,853島。
無人島の多くは個人所有の島が多く、そのうち無人島は6,432島にのぼるといいます。
電気も水道もトイレもない無人島は、ものすごい「非日常」。もちろん日々のモヤモヤや肩書なんて全く関係ありません。「生きる」を感じる体験を一生に一度体験してみませんか。

無人島を貸し切りキャンプ

小さなボートで島に上陸し。
自然界のものや島内に落ちているものを利用して、トイレ作りからかまど、そして寝床作り。本気の火おこし。食材は海から確保して、調理して食べる。ドラム缶を利用した風呂体験。
夜は満点の星空の下でのキャンプファイアー‥‥

「日常」がどんなにしあわせで素晴らしいものか?を知るのに最高の時間

無人島での過ごし方に長けた専門スタッフが同行するのでご安心ください。

料金・お申し込み

1日1組限定4~20名迄(長崎県妻ヶ島)
2泊3日:おひとり様につき¥36,000/人(税込
18歳以上(高校生不可)を2名以上含む、最低4名以上

●港/空港 – チャーター船乗り場間の専用バス送迎
●壱岐島 – 妻ヶ島間の送迎
●提携旅館での温泉入浴(最終日に1回)
●釣りセット、寝袋
●5名用テント(1組の人数に合わせた数)をご用意
●ランタン、クーラーボックス(45L)、鍋セット、焚き火台セット(焚き火台、チャッカマン、ゴミ袋3、火ばさみ、軍手、着火剤)、生活用水(20L)入りポリタンク、簡易トイレ、サバイバルアドバイス冊子(各1組1ずつ)
※ご自宅〜壱岐島間の交通費は含まれません。
※食糧など記載のもの以外は全て持ち込みが必要。
※アウトドア用品に関しては一部、追加でレンタルも可能
運営会社:株式会社ジョブライブ

沖縄名護 ■本物のツリーハウスに泊まる・ジャングルの中で眠る■

Facebook ©Treeful Treehouse Sustainable Resortより引用

生きた木に作られた本気のツリーハウスの宿泊体験が、なんと沖縄でできます。
2021年秋にオープンしたばかりの Treeful Treehouse Sustainable Resort
原生林の残る沖縄名護市源河のジャングルの中にある宿泊できるツリーハウスです。

化石燃料を使用せず、太陽光パネルを利用した電気のみで作られたサスティナブルな2つの施設は、建築家中村拓志氏によるツリーハウスと建築家村井正氏によるエアロハウス。

地上から約10mの高さに建てられた建物の真ん中た地上から床部を貫いている大木があり、一般住宅の3階分くらいの高さ。高さがあるため、地面にも太陽光が当たり植物が育ち、微生物や動物の生息や移動を妨げることがないそうです。本当のサスティナブルな体験をしに、宿泊してみませんか?

Facebook ©Treeful Treehouse Sustainable Resortより引用
Facebook ©Treeful Treehouse Sustainable Resortより引用

料金・お申し込み

2棟1セット貸し 1泊¥120,000/グループ(4名まで・税込)
チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00

9歳以下は宿泊不可・10歳以上のお子様は現地にて身体能力テスト必須。

施設名: Treeful Treehouse Sustainable Resort
住所: 〒905-1141 沖縄県名護市源河2578

詳しくは下記にお問合せ下さい。
Treeful Treehouseメールアドレス:  info@treeful.net

北海道帯広 ■馬と一緒の空間で暮らす体験をする■

BARN HOUSE外観 ©MEMU ERATH HOTEL より引用

建築家隈研吾氏監修による「国際大学建築コンペ」の最優秀作品群の一つ、慶應義塾大学の学生が設計した次世代のサスティナブル空間 MEMU EARTH HOTEL「BARN HOUSE(納屋の家)」
かつて競走馬を飼育していたこの地の記憶を引き継ぐ建物として、「馬の普段の暮らしに寄り添うように過ごすのが基本ルール」の暮らしが体感できるホテル。

BARN HOUSE外観 ©MEMU ERATH HOTEL より引用
BARN HOUSE外観 ©MEMU ERATH HOTEL より引用

例えば夜、馬の眠っている時間には室内の灯りが漏れないようにしたり、朝早く馬が動き出す音や、糞尿・寝藁の香りも暮らしの一部として受け止めていただくなど、家族の一員として馬を扱う過ごし方を通して、馬と共存する暮らしがご体感できる貴重な宿泊施設である一面、人間と動物、建築との新しい関係性を示唆するユニークな試みにあふれた実験住宅でもあるのです。

今現在、馬の自然な習性を鑑み、馬は同空間にはいませんが同敷地内で別棟で5頭の馬たちと触れ合うことは可能です。

料金・お申し込み

1泊1室 ¥22,000~¥55,000 (2食付・税込)
定員:2名(クイーンサイズベッド1床)

■設備■
無料レンタサイクル(マウンテンバイク2台)
暖房、バス、トイレ、冷蔵庫、ナイトウェア、ドライヤー、アメニティなど

施設名: Memu Earth Hotel
住所: 〒089-2113 北海道広尾郡大樹町芽武158-1
詳しくは右記よりお問合せ下さい。Memu Earth Hotel 

コメントを残す

*

CAPTCHA