台湾

<スタッフブログ>台湾の2つのポスト

台北の街で、緑色と赤色の2色のポストが並んでいるのを度々見かけることがあると思います。緑色の郵便ポストは、台湾国内専用、赤色の郵便ポストは、エアーメールと速達専用となっているそうです。
台湾のポストは日本統治時代、赤色に統一されましたが、戦後、国民党が中国大陸から台湾へ渡って来て以降、郵便ポストは緑色のものが使われるようになったのです。現在でも、中国大陸のポストは緑色で統一されています。
(ちなみに日本は、明治時代にイギリスの郵便制度を導入して赤いポストが使われるようになったそうです。ですから香港のポストも赤色。 )


そして台北にある とあるポストがコレ。聞けば、台風で建物の屋根が飛んできてぶつかり、こんな風に曲がってしまったらしいのですが、お互い寄り添うような、首を傾げているような可愛さに、どうやらそのまま使用することにしたようです。
そういえばつい最近アジア初の同性婚制度も合法化。九州よりひとまわり小さな国は、もしかしたら中々アグレッシブで懐の深い国かもしれません。刻まれた事実を受け入れていく台湾の人々の考え方に触れに出かけてみませんか?

※ちなみにこのカワイイポストはMRT(地下鉄)「南京復興駅」が最寄り駅。セブン-イレブン龍京店の前にあります。

関連記事

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA