各方面

新型コロナウイルス日本からの渡航・各国の入国制限につきまして

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになりました方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、今現在治療中の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。また、日本国内はもとより世界各地で治療や感染予防にご尽力されておられる医療関係者の皆様に、心からの感謝申し上げます。

緊急事態宣言が解除されて経済活動も少しずつ再開されてきました。6月19日には国内旅行で、県をまたいだ移動も可能になり、7月末には国内旅行やイベントなどの需要喚起のため経済産業省による旅行最大半額補助「GO TO TRAVEL キャンペーン」が始まる予定です。
しかしながら、海外渡航の再開につきましてはまだ全く目途は立っておりません。
今現在日本は、6月末まで、全世界からの入国者(日本人も含む)に14日間の自主隔離を義務付けていますので、現実的には海外に行くことはまだまだかなり難しい状況なのです。
海外ではグアムやスペインが7月、台湾が10月より外国人観光客の受け入れを再開すると表明していますが、7月以降の日本の海外からの受け入れ体制が確定しない限り、残念ながらまだ皆様に海外旅行につきましては、弊社が胸を張ってご案内をできる状況ではありません。
念の為ですが、 現時点で入国制限の緩和が比較的早期に行われると考えられるのは7月以降、PCR検査による陰性証明書発行を条件に業務渡航から再開されるタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4か国のようです。韓国、台湾、中国などの近隣諸国、アメリカがその次といわれているようですが、いずれにしろ日本国内でPCR検査が安易に受けられ、証明書の発行がされる環境と仕組が整わない限り、海外旅行再開への目途が立たない、というのが現状のようです。

下記は外務省が更新する海外の入出国制限措置に関するサイトです。ご覧になるときは更新ボタンを必ず押して最新の情報を覧くださいませ。(6月5日付 萩原)  

外務省 新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

<参考>東北医科薬科大学病院作成 市民向け感染予防ハンドブックYouTube

http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/info/information/2339/

関連記事

関連記事