日本

犬と過ごす わたしもうれしい旅

イメージ

「うちのコは‥」と、つい犬のことを話し、うちのコの喜ぶ姿を見て勝手に泣けてくる方‥いらっしゃいますよね?

この度PINKでは、わが子同然のわんちゃんと出かける日帰りバスツアーを企画。最大のポイントは、 ソーシャルディスタンスを確保すべく 「密にならない」最大12名限定、座席利用パターンを2種類ご用意したバスツアーを完成させました。

順次、宿泊編としてわんちゃんと一緒に宿泊できるお宿のご紹介もしてまいります。もちろん宿だけでなく、列車等交通機関のお手配もお任せください。

自然に囲まれた清々しい空気の中、思い切り走って喜ぶわんちゃんと一緒にリフレッシュしませんか?

イヌとわたし

イメージ

我が家は20年ほど前から犬を飼い続けています。一昨年8匹目の犬が来て、更に子供が生まれ、今5匹の大所帯。もはや我が家に別の家族が同居している感覚。

犬たちはいつも自然体で、欲しいものを欲しがり、甘えたい時は身体全身で甘えてきます。常に感情表現が素直。ヒトもそうあるべきではないかと教えられることもしばしば。
犬の寿命は長くても15〜18年程度。せめてその期間くらい、思う存分しあわせだったと思ってもらえる時間を作ってあげたい、自分にもそのくらいの甲斐性はあるだろうと考えながら一緒に過ごしています。

今、すぐ横に仔犬が2匹仰向けに寝ています。小さな鼻息が腕にかかる・・・いい夢を少しでも見て欲しいと願うばかりです。

PINK代表 萩原

イメージ

物心ついた時から常に犬か猫がいた我が家。
ツンデレ猫も嫌いじゃないけれど、レスポンスの早い犬のほうが自分にはなじんでいる。
今の子は子供たちのお留守番の相棒として我が家に迎え入れ、あと3か月で17歳。
私の添乗中のお役目は2年前にリタイヤ、現在要介護5の身の上。
旅の思い出はというと、数十回にわたる新幹線乗車。車内では毎度犬がいるなんて誰にも気付かれず「新幹線という乗り物はすごく快適な乗り物」と理解しており「新幹線」という単語だけで、自らクレートに入りスタンバイしてくれたことが、今となっては妙に懐かしい思い出です。

PINK 石塚

PINK 【with DOG】 日帰りバスツアー

イメージ

PINKでは都内近郊にお住いのわんちゃんとそのご家族様のために、27人乗りのバスを最大12名様で貸切るプチ贅沢なバスツアーを企画しました。車はあっても運転のストレスから解放されたい方や、自家用車を持たない方にはぴったりかもしれません。

目的地に着くまでの間、お飲み物を片手にバスの車窓に映る景色をわんちゃんと一緒に楽しんでいただけますし、バスの揺れに身を任せて寝落ちしても大丈夫!出発から帰着まで添乗員が同行しますので、車内はもちろん、おひとりさま参加でもお手洗いやお買い物など、ちょっとした時間であればわんちゃんをお預けいただけるので安心です。

PINKでは、わんちゃんオフ会はもちろん、わんちゃんなしのグループでの日帰りや宿泊を伴うご旅行など、様々な旅企画やコラボ等ご相談を受付ております。みなさまの頭の中のプラン実現に向けて、お手伝いができることがあるかもしれません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

PINK【with DOG】ツアーポイント

  • 密を避ける設定27人乗りのバスに最大12名様+わんちゃん
  • 選べる2つの座席プラン 《 座席A 》 おひとりで2席使いたい方 《 座席B 》 カップルやご夫婦などペアシート希望の方
  • 犬好き添乗員が同行

紅葉したコキア(イメージ)

10月3日(土) 都内近郊発【with DOG】秋の気配をみつけに行こう!ひたち海浜公園約3万2千本のコキア紅葉

犬と泊まる宿

「たまには思いっきり走らせたい」「自然いっぱいの環境でさわやかな気分を味わってほしい」そんな気持ちを込めてPINKでチョイスした【わんちゃんと泊まれる宿】をご紹介します。もちろん弊社でご予約を承ります。海外旅行同様、様々なアレンジやリクエストも可能です。お気軽にお問合せください。

動物保護施設 支援プログラム (Amazon)

動物保護施設 支援プログラムとは

このプログラムは、捨てられたり保健所へ預けられたりして行き場を失い、動物保護施設で生活する犬や猫たちを、Amazon.co.jpを通じて支援する取り組みです。当プログラムの趣旨にご賛同いただける方々に、それぞれの動物保護施設によって作成された「ほしい物リスト」から商品をご購入いただくことで、それらが支援物資として各施設で生活する犬や猫に届けられます。

Amazonより

関連記事

関連記事