スリランカ

スリランカのアーユピヤサでアーユルヴェーダライフを体験

アーユピヤサでの過ごし方をご紹介

食も環境もオーガニックがウリのアーユピヤサで本格的なアーユルヴェーダ三昧…とあるアーユピヤサでの1日をお披露目します。

朝6時起床 お目覚の白湯

お部屋から見る朝の風景。爽やかそのものホテルは静かな森の中。自然と早寝早起きになる。部屋から出ると、森の風景、鳥達のさえずりがうるさい位。 早速Tシャツと短パンでレストランに向かう。レストランで豆をすり潰したような軽い塩味の薬草粥コラキャンダを呑むように食す。白湯を飲み胃がスッキリさせる。

6時半 身体を起こすモーニングヨガ

モーニングヨガの風景。初心者でも安心してできる内容
ヨガパビリオンにてヨガ開始。ヨガマットは宿泊人数分が用意されている。 ヨガ自体はベーシックなもので初心者でも大丈夫。約1時間。身体が目覚める。

7時半~8時頃 朝食

朝食は品数が多くかなりのボリュームでお腹も満足着替えたり、シャワーを浴びたり、ヨガ終了そのままだったりの状態でレストランへ。 朝食開始。ひとり一人にコースメニューのように、かなりの量の食事が出る。この食事、アーユルヴェーダで診断される3タイプにより1~2品、人によりアレンジされる場合がある。豆や野菜を豊富に使い、スパイスもふんだんに使われている。
フルーツも種類が多い。日本ではお目にかからない珍しい果物も
贅沢なくらいオーガニックな朝食。アーユピヤサ内のファームで採れた野菜やフルーツが、収穫して30分以内で調理されているとか。色とりどりのフルーツの芳醇な味と香りに朝から贅沢な気分になる。アーユピヤサの食事は、他のアーユルヴェーダホテルのブュッフェスタイルと違い、滞在中毎回何が出てくるのか本当に楽しみになる。

8~9時 ドクターの問診

現地のドクター。スリランカはアーユルヴェーダは国が認める医療行為ドクターは2人の女性。アーユピヤサでは日本語と簡単な英語の問診票を書いてから、脈診と聴診。血圧を測る。あとは尿や便の回数や普段気になる身体の症状を伝える。アーユルヴェーダにとっては脈診がかなり重要らしい。ドクターによっては脈診で腫瘍や過去の骨折などもわかるとか。 ここでヴァータ、ピッタ、カパ3つのエネルギーの持つバランスが診断され、そのひとの持つ本来の体質や傾向がわかる。 この15分程度のコンサルテーションの後、症状改善の為、滞在中に飲む薬を処方、トリートメントのメニューが決まる。

9時半頃~ いよいよアーユルヴェーダトリートメント

額のチャクラにオイルを垂らすシロダーラアーユピヤサのスパセンターは 真ん中に待ち合い室、左右にそれぞれ個室がある。 例えばバーバルバスなど施術により、部屋を移動する。男性には男性のセラピスト、女性には女性のセラピストがつくのが一般的。

「オイルで目を洗う」ネトラバスティ私はピッタ、ヴァータ。前からやってみたかった「オイルで目を洗う」ネトラバスティは自分からリクエスト。あとは全身マッサージのアビアンガ、額のチャクラにオイルを垂らすシロダーラ、ハーバルバスなどの施術を受けた。

12時半頃 昼食

ランチもボリュームたっぷり。アーユルヴェーダではランチをしっかり摂る。肉や魚のタンパク質も十分にこれまた中々ボリューミイな昼食 トリートメントが終わり、着替えたら昼食。朝の野菜中心から、チキンや魚などのカレーも加わり、日本ではここまでしっかり食べない、というよりしっかり食べられないボリューム。アーユルヴェーダでは「ランチをしっかり」が基本だそうだ。消化が良いので、朝食をしっかり食べたはずなのに、食欲が湧く。

14~15時頃 午後のトリートメントまたはオプショナルツアー

午後はシーギリヤなどの観光に出ても良いし、アーユルヴェーダのトリートメントを受けても良い午後の軽めのトリートメントは1時間程度。首まわりのオイルマッサージピンダスウェダを体験。施術後はひと休みという名の1時間ほどの爆睡。 オプショナルツアーの場合はランチを食べたら、直ぐに出発する感じ。私は、シーギリヤとローズクォーツマウンテンのオプションに日を分けて参加。

18~19時頃 軽めの夕食

夕食の時間。夕食は朝昼と比べると、ぐっとシンプルでメニューが少ない。メインも極端に脂の少ないチキンなどヘルシー極まりない。夜中は軽めが基本なのだ。

20~21時 自然と早寝早起きの習慣に・・・

夜は鳥も鳴き声も聞こえず静か。部屋の明かりもしっとりとして眠りに誘われるアーユルヴェーダ近辺はもう真っ暗。月明かりと虫の鳴く声だけの静寂の夜。レストランで、宿泊者達のメッセージブックや本を読んだり。22時頃にはすっかり眠たくなってしまう。

あなたも一年に一度 ヒトにかえりませんか?

やはりアーユピヤサはアーユルヴェーダがメイン。医療関係者も多く訪れているとのことこの身体に良いことしかしないアーユルヴェーダライフは都会で実践するにはかなりのお金がかかるか、おそらく続けるのは不可能。その意味で、アーユピヤサでの数日間は贅沢な体験。 アーユピヤサは「生命の里」という意味。 決してラグジュアリーなリゾートホテルではないが、日常で乱れた心身のバランスを整え、生活習慣を改善するヒントがたくさん得られる滞在になることは間違いない。 オープン当時は美容ライター達がこぞって訪れていたが、最近は医療関係者が少なくないし、一度来てからその後、毎年同時期に訪れるリピーターも多いらしい。

スリランカ情報Pickup!

アーユピヤサ|スリランカの隠れ家アーユルヴェーダリゾートホテル
まさにココロとカラダにいい旅「アーユルヴェーダ」
スリランカ観光|ココロとカラダに効くスリランカの体験旅行
ホテル(スリランカ)
カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート|使い勝手がよくてトリートメントは本格的

ツアー検索(スリランカ)

スリランカのツアープランをご紹介いたします。ここでご紹介していないホテルやルートなど様々なカスタマイズ・アレンジが可能です。ご紹介しているツアープランを基本に、お客様のご希望をお伝えください。自分だけの大人の旅をプロデュース。それがPINKの仕事です。

「スリランカ」のツアーを探す

コメントを残す

*