ベトナム

アマノイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AMANOI / ベトナム(ニャチャン/ミンヒベイ)

アマンならではの究極ハイダウェイ

ニャチャンの空港から約1時間半。もはや何もない?山道がひたすら続くエリアで、ドライバーが不安になり始めた頃に到着するアマンの最新リゾート「アマノイ」。VINH HY BAY(ビン・ヒ・ベイ)に2013年9月にオープンしたばかりのアジアで10軒目のアマンリゾートは、半島一帯がホテル、という大胆かつダイナミックな敷地。29,000ヘクタールにわずか31のパヴィリオンと5つのヴィラ。そこに160名を越えるホテルスタッフ。このバランスを見てもわかるとおり、ハイダウェイの先駆者はゲストの心を揺さぶることを様々な角度で楽しんでいるかのようだ。

大胆なアプローチのエントランス

到着後、最初に驚くのはエントランス。まるで日本の神社を彷彿とさせる大階段で始まる。ちょっと夜到着のゲストには酷かもしれないが、この数十段の階段を上がる理由は、上がりきったレストラン横の大きなソファエリアに行くと、わかる。

おもわずため息がでてしまいような景観。この岬一帯ならではのユニークなロックと森の緑が織り成す奇妙な入江に、ビン・ヒ・ベイの穏やかな海が広がる。

まるで一軒家感覚

各パヴィリオンはバギーで移動する迷路のような道からは消して見えない。田舎の小径に迷い込んだような木々の狭間から、現れるのは大きな玄関扉。

チェックインは部屋に到着後。パヴィリオンにはベッド、リビング、バスルームが約80㎡に一列に贅沢に収まり、同じくサンベッドとテーブルの置かれたバルコニーからは入江のランドスケープをこれでもか、と堪能することができる。室内はグレーとベージュが基調のインテリアに、ベトナムらしいランタンのような真っ赤な大きな明かりがアクセントで灯され、一見石のようにも見えるグレーの木床は素足に心地よく、家に帰ってきたような、くつろげる居住性の高い造りになっている。

自然に沿うファシリティ

SONY DSC

急な傾斜に経つアマノイは、人の視点では全貌がさっぱり見えない。日本家屋にも似たグレーの屋根の先が、森の中に見え隠れするのみ。けれどちょっとしたパブリックスペースや、自分のパヴィリオンに戻ると、視界がグッと開けうような流れに作られている。様々なファシリティもそれぞれこの特異なビン・ヒ・ベイの地形を堪能出来るのと同時に、自然に溶け込むように建てられている。例えば、朝食をとるビーチクラブの目の前は静かな入江。薄いベージュの砂浜は完全なるプライベートビーチ。そしてインフィニティプール。エントランスのパヴィリオンエリアに近いクリフサイドのプールは、泳ぐとわかる 視線が海と一体化する究極のインフィニティプール。5室の贅沢なスパルームがあるスパセンターの目の前には、蓮の花が浮かぶ広い池に浮かぶように立つ贅沢なヨガスペース。ちなみに2つのレストランではベトナム料理からハンバーガーまで幅広いメニューが食べられる。

PINKがおすすめするポイント!

ベトナムの印象が変わる 大胆な建築と海と山のランドスケープが堪能できる

アマンリゾートならではの徹底したホテルサービスの素晴らしさを改めて実感できる

ビーチアクティビティはもちろんヨガ、ピラティス、ヘルシーなベトナムキュイジーヌなど体もリフレッシュできる静かなリゾート滞在。

ホテル情報

ホテル名 アマノイ – AMANOI
住所 Ninh Thuan Province, Vietnam
TEL (84) 11 2035700 or (94) 777 743500
FAX (84) 11 2555922
部屋数 36
URL http://www.amanresorts.com/amanoi/home.aspx

お問い合わせ(ホテル)

気になるホテルがございましたら、こちらのフォームからお問い合わせください。ご利用の人数やご希望のベッド数、お部屋のお好み等お気軽にご相談ください。ホテル予約はもちろん、航空券のお手配等も承ります。

お問い合わせ

コメントを残す

*