インド

アマンバグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AMANBAGH / インド(ラジャスタン/アジャブガール)

マハラジャ文化を堪能

ジャイプールから車で1時間、ムガール帝国の皇帝が遠征の疲れを癒したというアラバリ丘の盆地アジャブガル。砂漠の中のオアシスのように、たまねぎ型のムガール様式の屋根が特徴のアマンバグが現れる。大理石がふんだんに使用されたインテリアといい、遺跡での1日2組だけのキャンドル・ディナーや湖上にボートを浮かべてのピクニックランチ、らくだに乗って遺跡めぐりなど、優雅なマハラジャ気分が味わえる。

のどかなラジャスタンを過ごす

「喧騒」のイメージのするインドとは程遠い 田舎。人も牛も歩く速さはのんびりしている。のろのろ歩くヤギの群れや色鮮やかなサリー姿で畑仕事をする女性達などを眺めながら、ラクダに揺られて近くの村を訪問したり。ホテルの周辺は極めてローカル。ここではどれだけ惰眠を愉しみ、パートナーとの会話を楽しむかが最重要であると共に、一緒に過ごす人を選ぶホテルともいえるだろう。

アマン・インディアン・ジャーニー

アマンバグ、アマンニューデリー、アマニカスの3つのアマンリゾートを巡るプランがある。
アマニカスのあるエリアは雨季を除き、10〜4月のみプランにに加えられるが、おおよその流れは次の通り。
宿泊は各2泊ずつ。
デリー空港よりアマンのスタッフが迎えにきてくれて道中アテンドし、最寄りの駅、サワイマドプール駅まで5時間程の列車での旅。野生動物保護区に指定されているランタンボール国立公園のすぐ脇にあるテントスタイルのアマニカスに2泊。→その後ラジャスターンの枯れた大地を3時間ほどひた走り、宮殿のようなアマンバグへ。→車で3時間ほどでアマン・ニューデリアーへ。
5〜9月は2か所のみのアマン・インディアン・ジャーニーとなる。

料金、そのほかはお問い合わせください。

PINKがおすすめするポイント!

ラジャスタンののどかなインドを過ごしたい方

アマンリゾートならではの高いクオリティサービス

優雅なインド周遊旅行にぴったり

ホテル情報

ホテル名 アマンバグ – AMANBAGH
住所 Ajabgarh,Alwar,Rajathan 301027
TEL 014-6522−3333
FAX 014-6522−3335
部屋数 40
URL http://www.amanresorts.com/amanbagh/home.aspx

お問い合わせ(ホテル)

気になるホテルがございましたら、こちらのフォームからお問い合わせください。ご利用の人数やご希望のベッド数、お部屋のお好み等お気軽にご相談ください。ホテル予約はもちろん、航空券のお手配等も承ります。

お問い合わせ

コメントを残す

*