日本

羽田空港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月21日にいよいよ羽田空港の新国際線旅客ターミナルが開港します。

以前の羽田は、いまひとつ「これから海外に行く!」という盛り上がりに欠けていましたが、
10月からは大イメージチェンジです。
羽田空港発の大増便によって、もしかしたら日本中の海外旅行に何かしらの変化が生まれそうです。
現在の予定ではざっと下記のような方面へのフライトが予定されています。
■昼便
・中国(北京、上海)
・韓国(ソウル)
・台湾(台北)
・香港
■深夜〜早朝便
・中国(北京、上海)
・韓国(ソウル)
・香港
・タイ(バンコク)
・マレーシア(クアラルンプール)
・シンガポール
・アメリカ(ロサンゼルス、サンフランシスコ、デトロイト、ニューヨーク)
・カナダ(バンクーバー)
・ドイツ(フランクフルト)
・オランダ(アムステルダム)
・フランス(パリ)
・イギリス(ロンドン)
・ハワイ(ホノルル)

注目すべきは、深夜〜早朝便です。
例えば、全日空の土曜発深夜便を使えば、「仕事の終わった金曜の夜に羽田を出発して、ロサンゼルス郊外のディズニーランドで遊んで、月曜日早朝5時頃羽田に戻り、会社に出勤」
という、冗談のようなプランも不可能ではなくなりました。地方にお住まいの方も同様です。
当社にもたびたび「弾丸ツアー」的お問い合わせを頂きますが、これからはもっとそういったニーズが増えるような気がします。

同時に、京急「羽田空港国際線ターミナル駅」が開通し(既存の駅は「羽田空港国内線ターミナル駅」となります)
品川駅から、わずか15分程度で空港に行けてしまうようになる上、モノレールやバスなどが24時間運行になることも考えられるでしょう。
もう遊ぶためなら昼夜を惜しまないお客様、仕事のため最短で出張を終えたい方のための空港になります。
聞けば、5階建てのターミナルビル内には、江戸を模したレストラン街やプラネタリウムなど、楽しめる施設もはいるようです。

一部すでに価格も発表され、航空券の販売が始まっているようですが、
いずれにしろ
■羽田空港:便利なぶん、割高。席がとりづらい。■成田空港:不便だが、割安。席が取れやすい。
といった傾向になるかと思います。
成田発便の航空代金が結構下がったらいいな、と私もお客様と同じように考えています。

さぁ、時間(便利さ)と価格。皆さんはどちらをご優先されますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*