アメリカ

旅時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真は、ハワイ オアフ島アラモアナビーチパークのマジックアイランドから見たサンセットです。
ここから眺める夕日は本当に綺麗です。
       *
旅行している時の24時間と

東京で仕事している時の24時間は

本当に同じ長さの24時間なのだろうか、と思うことがあります。

東京で、夕日が沈むところを眺めようなど、私は日曜日の夕方でさえ思うことはありません。
常に、「あれやったら、次これやらなきゃ」などと考えています。
せっかちな性格ではないと思いますが、常に時間を有用に使おう、何かのために時間を使おう、という気持ちが働いています。

なのにハワイで、本当に夕日が沈んでしまうまで、じーっと浜辺に立って眺めていたいという気持ちは、どっからくるんだろう。

       *
旅先で、ある光景を見たいだけで、何時間も何万円も費やすことがあります。 
単なる自己満足で、しいて言えば写真以外では残らない体験です。

けれど、その光景を見て、「はっ」とする瞬間まで、
道に迷ったり、バスに乗り遅れたり、おなかすかしたり、誰かに出会ったり、
自分なりのドラマがあったりします。

自分だけのドラマは、もしかしたら一生愉しめる記憶の中のドラマです。

それには十分価値があると思うのです。
       *
あと、旅先では、言葉も環境も違い、頭も心のの中のいつもと違うところが常に動いていると思います。

だからこそ、東京でも見ることのできる太陽や月や星などが、なんだか違って見えて
もしかしたら ちょっと客観的というか「アレ、月ってこんなにきれいだったけ?」みたいに
スト−ンと心のいつもと違う場所に入ってくるイメージ。
       *
同じ24時間でも午前中の素敵なバリ、午後のなるい感じがいいヨーロッパ、夕方が美しいハワイ、夜が面白いニューヨーク。
各地で一番魅力的な時間は、とても長く楽しめたような充実感があります。

東京と同じ1時間の中に、どれだけのドラマが詰め込まれているか?
 
それがポイントなのでしょう。

だから便利ですべてが時間通りに話が運ぶより
ちょっと不自由な場所での1時間のほうが、とても充実感を感じちゃったりするのですね。

今 日本からの旅行は、贅沢にも「不自由を愉しみにいく」旅行なのかもしれません。

      

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*