日本

故人を想う 家族を想う ~夏

今夏 小さな用事をすべてまとめて 1週間 国内巡り。
自分自身でJRの国内周遊のチケットを初購入。

まずは長野県の松本へ。
ここは元は祖父母のいた家。
知り合いの子供を連れて<クワガタ取り>が目的でしたが、子供が気持ちが上がりすぎて、当日朝 40度の高熱!
急遽 友人と犬を連れていくことに。
(お子さんには申し訳なかったですが・・・改めて子供ってすごいと思いました。だって期待が高まって放熱するパワーって。)

祖母宅は5年ぶり。
すっかり過疎化が進んで、近所は立派な家があるのに空家、という状況。
つい最近、叔母が朝、玄関のドアを開けたら野生のシカと目があったとのこと。
自然に還りつつある素敵な環境になってきました。

ここでは親戚の子供たち6人が集まり、
ブドウ畑の向こうに見える北アルプスを背景にスイカ割大会

冷たい雪解け水の川
墓参りの帰りに、とれすぎた完熟トマトを大量にくれるおばあちゃん
土を掘りだしては地蜘蛛の大きさを競う ぜーーーったいに都会の子がしなさそうな遊び・・・
そして夜はカーディガンを羽織って、庭に張ったテントでBBQ  などなど

自然、子供の遊び、気候・・・すべてにおいて田舎の豊かさが、うれしく感じました。

絵日記を書いたとしたら、「鬱蒼とした緑の山々」を描いたことでしょう。

そして都内へ。

今度はシャングリラ東京ホテル。
九州の友人とやはり7年ぶりの再会。

日本橋から水上バスで浅草へ行ってみました。
日本橋のたもとで、見ず知らずの地元の方に「道の発祥の地」をご案内いただき、
気分は「ちぃ散歩」(あえて)。

日常と視点を変えて、川から街を眺めるのも楽しいものです。
中国人でいっぱいの 到着地 浅草寺でお参りし、天丼を食べて終了!

絵日記を書いたとしたら、「川からのスカイツリー」。

翌日は名古屋経由で鳥羽へ。
法事。

畳とお線香の香りの中
親子3代 親戚一同集まって、酒を酌み交わし、海の幸を食べ、故人の話で大いに笑い盛り上がる。
話の合間に 子供が泣き叫び、はたまた はしゃいで乱入する
人や家族の在り方を想うひと時でした。

国とはきっとこんな家族によって支えられている気が、

するのです。

そして伊勢神宮のある おかげ横丁へ。
ここは来るたび 日本家屋の美しさを改めて思わせるところです。
だから人が集まる。 商売もものすごい活気。
私は 大人気の宇治抹茶のかき氷で行列の「赤福本店」を横目に
伊勢うどんを食べました。

絵日記を書いたとしたら、食べれなかった「抹茶のかき氷」かな。

さらに近鉄特急で 大阪へ。
すでにホームが焼肉の香りいっぱいの鶴橋駅で乗り換え、
10年ぶりの梅田駅へ。
近辺は、かなりあかぬけておりました。
新宿あたりと変わらない感じ。

ここでは事故で亡くなった友人を想う食事会。

ものすごい天気雨。
フレンチレストランでのしゃべくり大会。

真昼間から酔って泣き始める友達。
2軒目の店を探したまま 結局行方不明になる友達。

最後は新大阪で「やっぱり関西はうどんや!」とうどんをすすり終了!

それでも関西弁って、なぜかすべてを許したくなるような魔法の魅力がある。
しょうがないかな、と。

絵日記を書いたとしたら、「すぐ上を飛行機が飛んでいく新大阪駅の空」。

お盆最終日の新大阪駅は、人の熱気が構内温度を5度は上げていますね。ゼッタイ。

     ■

かなり簡略した催しにはなっているものの、
気が付けば「故人と今」を行き来する
とても「お盆」な1週間となりました。

「今」を感じられることに 感謝、ですね。

コメントを残す

*