ブラジル

「ちょっと行く感覚」でブラジルへ

前日水曜日の夜発&日曜日の夜着で
ブラジルのイグアスの滝とサンパウロに住む友人に会ってきました。

片道乗り継ぎ時間を含めて約30時間
2泊6日の強行スケジュールで、初めは本当に実行するか否か躊躇しましたが、

行って本当に良かったです。
想像以上に南米は魅力的だと。
遠いことばかり注目されて「一生に一度」とか言われますが、
トンデモナイ!
恐らく一度行かれたら、何度も行きたくなるはず。
慣れとは恐ろしく、片道乗ってしまえば、
意外に平気なものです。

今回はカタール航空の西回り。
日本語の映画だけでも25本ある充実のエンタメ。
サービスの良さも噂とおり。
12時間位で一旦トランジットで身体をほぐせるのもgood。

しかし来年のワールドカップ、2016年のオリンピックを控えている割には
慢性的な大渋滞
係員によって、バラバラな空港内の案内、飛行機の預け荷物の行き先の適当さなど
ラテンらしいラフさには、
これは、絶対 キチンとした現地ガイドが必要だな、と実感した次第です。

関連記事

関連記事

  • いよいよワールドカップいよいよワールドカップ 書こうか否か少々迷いましたが、 何を言おう、 私は相当のサッカー(スポーツ) […]
  • 街が発展するということ。街が発展するということ。 北京の大気汚染が問題になっていますね。 PM2.5。 そしてこの時期 花粉 […]
  • 化学反応化学反応 「旅行」という商品を販売している仕事柄、 「旅行ってなんだろう」とか「なぜ旅行 […]
  • 熊本地震熊本地震 少しずつ被害の全貌が明らかになりはじめてるが、避難されている方々はさぞかしお疲 […]
  • 映画〜「華麗なるギャッツビー」映画〜「華麗なるギャッツビー」 原作の「ザ・グレート・ギャッツビー」は、ヘミングウェイなどに代表される「ロスト […]

コメントを残す

*

CAPTCHA