各方面

現在ツアー募集している海外ツアーの出入国状況(2021年11月1日付)

■モルディブ

<入国時>
出国96時間前までに取得したPCR検査の陰性証明書(英文)をモルディブ出発前24時間以内にオンラインの所定サイト上で提出する必要があります。

<出国時>
ご帰国前のPCR検査:出発72時間前を過ぎてから、リゾートにてPCR検査を実施します。結果証明は、24時間以内にリゾートを通じて、ゲストに通知されます。

<リスク>
万が一、現地でのPCR検査で陽性と出た場合は、モルディブHPA(モルディブ健康保護庁)の規定に従い、リゾート内のお部屋で自己隔離又は、政府によって提供される隔離施設で過ごしていただきます。
期間や規定は、HPAが感染状況により変えてくるので、確定ではありませんが現行は14日間です。
その間ゲストはリゾートまたは隔離施設を離れることは出来ません。14日後に再度PCR検査を受け陰性であれば解放されます。無症状の場合でも必ず「医師の判断」に従ってください。
この際の航空券変更及び滞在費用は実費となります。

<追加滞在の場合必要となる追加代金>

 ・エミレーツ航空の変更料は無料。

 ・症状によりリゾートまたは政府指定の施設に追加滞在。滞在場所費用が14日間分が必要となります。      (滞在先によりかかる料金が変わります)

海外旅行傷害保険へのご加入をおすすめします。 (状況により異なりますが、一部カバーされます)         AIG損害保険株式会社

■スリランカ

<観光者向けスリランカ渡航案内> Srilankatravel Helloagain

<入国時>
ワクチンの接種から海外を出発するまでに2週間以上経過した方を「ワクチン完全接種者」とみなし、隔離検疫及び到着後のPCR検査が原則免除されます。
入国の際必要な書類や登録
■電子渡航認証(ETA)の事前取得
■出発前72時間以内に受けたPCR検査の英文陰性証明書
■ワクチン接種証明書
■健康申告書(Health Declaration Form)

※日本の市区町村等で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
(推奨された用量の新型コロナウイルスワクチンを接種した渡航者は、ワクチン接種証明書の原本(英文の記載がない場合は英文の翻訳証明)または ワクチン接種が立証できる証拠となるものの携行が必要です)

出国時>
ご帰国前のPCR検査:出発72時間前を過ぎてから、ホテルにてPCR検査を実施します。
結果証明は、24時間以内にゲストに通知されます。

<リスク>
万が一、現地でのPCR検査で陽性と出た場合は、ホテルから病院へ移動費用、医療費用、指定病院への入院等の負担につきは一旦立て替えとなります。

<追加滞在にかかる諸費用>
 ・スリランカ航空の変更についての券面差額は、実費がかかります。 

 ・ホテルから病院へ移動費用、医療費用、指定病院への入院等の実費。

海外旅行傷害保険へのご加入をおすすめします。(状況により異なりますが、一部カバーされます)       AIG損害保険株式会社