バリ

ガルーダインドネシア航空ファーストクラス~ 年齢と経験で楽しむバリ大人旅

今回は、仕事抜きの旅。2年ぶりのバリ島。最初は田んぼと海、サーファーとヨギーの街チャングーのお手頃ホテルから始め、昔から変わらずのスミニャックの大老舗ホテルオベロイバリ、そしてウブドのさらに奥のバグースジャティへ。 前回のバリ訪問がヌサドゥアの最新ホテルで、バリ島らしい光景にほとんど出会えなかったので、今回は昔ながらのバリに会いたかったので何となくこんな感じになった。

<自分に気持いいコスパ度合いが身についてくる>

歳を重ねるごとに、海外旅行先であれ程していた買物もしなくなる。悲しいかな若い時ほど強烈に欲しいものがなくなってしまう。ホテル選びも自分に合う環境がわかって、自分が気持ちいいコスパ度合いが身についてくる。

<ガルーダインドネシア航空ファーストクラス体験>

今回 飛行機はその評判の良さの割にコスパが良いガルーダインドネシア航空のファーストクラスにした。眠って帰る復路はビジネスにして、更にコスパがよく出来たと思う。結局「旅のどこに重きを置くか?」がポイントなのだ。通常のエコノミークラスの旅に15万円プラス程度。他のエリアからは考えられないお得感で、ビジネスよりさらにグレードアップしたファーストクラスのサービス体験が味わえるので、このパターン、オススメかもしれません!

<移動に関するストレスがほとんど無い>

sofitelso3

朝 成田空港のチェックインカウンターに行くと、スーツ姿の男性が名前を呼んで挨拶してきた。ガルーダインドネシア航空のファーストクラスのサービスにある「空港のコンシェルジュ」。彼はチェックインから、搭乗までずっとついて案内をしてくれるそうだ。優先ゲートから入り、出国し、ちょっとした荷物も持ってくれるし、免税店で少し買い物をする間も待っていてくれ、ラウンジまでの案内してくれる。恐らく、例えば親を連れての旅行などには大変便利なサービスだと思った。搭乗時刻になるとコンシェルジュが呼びに来てくれ、優先ゲートから搭乗した。ちなみにデルタ航空のスカイラウンジは広いけれど、食事などはかなりシンプルなサービスだったかな。

<これじゃぁ部屋。>

ガルーダインドネシア航空のファーストクラスはボーイング777 300ER機に1-2-1の配列でわずか8席のみ。それぞれが個室に仕切られており、プライベートスイートタイプというそう。

<フルフラットシート>

フルフラットシートな上、寝るときにはマットレスを敷いてくれて、ちゃんとベッドになる。機内で自由にWIFIが使用できる。

<記念の旅におすすめ>

食事もトラベルウイズと向かい合わせで食べられるテーブルセッティングがされるのも嬉しい。記念旅行の方や、家族旅行、ハネムーナーの方などにお勧めかも。ちなみにプレゼントされたアメニティはLOEWE。スリッパやパジャマもとても使いやすいものだった。

<まるで街のレストラン>

搭乗早々から、キャビアやのシャンパンなどが振舞われ、下戸の私はいつも今ひとつ愉しみきれない。けれど、食事は十分満喫!途中でシェフがわざわざ挨拶にまで来てくれ、温かいスープを注いでくれたり、まるで街のレストランそのもの。その後の夕食は写真の通り。

夕食後は、ベッドメイクをしてもらう。もはやここまで来ると普通のベッド。後から知ったが、このベッドはマッサージ機能付きだそうだ。映画「LA LA LAND」を観ながらウトウト。次に「君の名は」を観ながら、好きな時にオーダーできる天ぷらうどんとチーズケーキ(子供か!)を食べ程度たら、もうオレンジ色のリゾートの屋根が見えてきた。

<飛行機が空港に到着してから、わずか30分弱で空港を出発>

6時間半の飛行は、本当にあっと言う間だった。 到着も飛行機ブリッジにて、1人に一名ずつコンシェルジュが待機していて荷物を持ってくれる。預け荷物も取りに行ってくれて、それまではラウンジで待っていればよい。空港出口のホテルドライバーも見つけてきてくれて、車まで荷物を運んでくれ、見送ってくれたところでコンシェルジュのサービスは終了。このスムースで快適な旅のイントロダクションは、中々癖になってしまいそう。 はっきり言ってかなりオススメ!

しっかし、昔の暗~く小さな空港時代を知っているものからしたら、このングラ・ライ空港の立派さに、ただただ驚いてしまった!

<ガルーダインドネシア航空>

ガルーダインドネシア航空公式サイト

【日本を出発する時から100%満喫できる非日常/ガルーダインドネシア航空 ファースト&ビジネスクラス グレードアップのおすすめ】

株式会社PINKでは、約7時間の飛行時間中も、たっぷり非日常を楽しんでいただける<往路ファーストクラス&復路ビジネスクラス>の航空体験をおすすめしています。
ガルーダ・インドネシア航空は、2014年より「成田空港-デンパサール(バリ島)線」をB777-300ER型機にて運航を開始し、ファーストクラスのサービスが始まりました。
2014~2016年3年連続してワールド・ベスト・キャビン・クルーを受賞、さらに英国に拠点を置く航空サービスのリサーチ会社「スカイトラックス社」による航空会社の格付けで5スターエアラインの認定を受けています。
・出発空港で専用コンシェルジュが待機しており、荷物、ラウンジまでのスムースな誘導
・ファーストクラスは、座席間隔が208センチ、座席幅も56センチの快適空間。
・食事は、専用シェフが同乗し、おふたりなら向かい合わせのテーブルセッティングも可能。
・就寝は、マットレス付きフルフラットベッドシート
・タッチパネル式23.5インチ液晶モニターに、WIFIフリー
・到着空港でも預け荷物のピックアップまでしてくれるので、ラウンジで待てばよいだけ。
・ファーストクラス/8席 208センチ 180度フルフラット 受託荷物64キロ
・ビジネスクラス/38席 109センチ 180度フルフラット 受託荷物64キロ
株式会社PINKでは、出発の気持高まる往路をファーストクラスで、夜便になる復路をビジネスクラスでお楽しみいただけるハイブリットなグレードアッププランをおすすめしています。

追加代金は、なんとエコノミークラスの一律17万円増し。

この機会にぜひご体験ください。

詳しくは株式会社PINKにお問い合わせ下さい。