各方面

2014年正月映画〜「ゼロ・グラビディ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年 1月1日は映画を観に行くことにしている。
この日はロードショー映画が1000円で入場できるからだ。

今年は アルフォン・キュアロン監督の「ゼロ・グラビティ」を観ようと決めていた。

地表から600キロメートルも離れた宇宙で、作業中の宇宙飛行士が、事故によりを無重力の宇宙を漂流する。
誰もいない。思うように動けない。そして孤独。
しかし すばらしく美しい地球が 目の前に見える。

私たちは約90分間ただただこの状況を見つめるのみ。

この映画は、宇宙体験そのものだ。

見ているこちらも 最初から90分  無重力感覚のような<宙吊り気分>になる。

「見える」のに「直接触れることができず」「誰にも共感されない」この上ない孤独感は、
美しく整えられた都会で味わう この地上の人の孤独感にも通じるかもしれない。
しかも 目の前に多くの人々がいればいるほど感じる   孤独。

*********************

2001年アメリカの大富豪が4月28日から5月6日まで国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した。
それを皮切りに 現在はJTBも宇宙旅行を民間に販売している時代。
もしかしたら、今後 宇宙体験する人が 自分に知人にの中から出てくるやもしれない。

しかしどうやって撮ったのだろう?
想像を絶する この監督の「リアル感」には目が離せない。

ゼロ・グラビデイ公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加