各方面

渡航地:ブータン From K.T.様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今回のご旅行で特に印象に残ったこと
以前から興味のあったブータンだったんですが、何せ情報が少ない。
ただタクツァン僧院へ行くこと、民家でのホームステイ、民族衣装をきてみること、この3つを中心にツアーを探して1人旅ではあったんですが行くことを決めました。

バンコクで1泊してブータンへ。
日本人がほぼいないDruk Airに乗って4時間。
山肌をぬうようにスレスレを飛びながらほぼ定刻通りパロ空港へ着きました。
雨季ということでしたがときおり晴れ間も見れました。
ここでガイドさんたちと合流して出発。

民家で昼食を食べたあと早速「ゴ」に着替えました。
自分の希望の色合いをガイドさんが選んでくれていて結構似合っていたし
着心地もよくそのまま初日の観光をしました。
ただ1人で着るのは難しかった。
最後の夜にはガイドさんから何回もレクチャーしてもらって最後は着れるようになりました。

パロ•ゾンは建築的にも壁画も中の雰囲気も興味深く、とても良いところでした。

2日目はティンプーでの観光でした。
朝の野菜市場では、ブータンの食生活がとてもわかるところでした。
特に果物はおいしくて、桃は特においしかったです。
ブータンの人といろんな会話もできて楽しかったです。

その後は結構無茶なリクエストだったんですが
自分の仕事柄興味のあったテレビ•ラジオ局へ飛び込みで行ってみました。
ダメもとだったんですがブータンの国営放送や民放ラジオ局で話しやちょっとした見学ができて感動しました。
日本の機材が結構使われていてそれにもびっくりしました。

その後チェレラ峠へ。
あいにく濃い霧がたちこめていたんですが、高山植物がきれいに咲いていて
ちょっと癒されました。

3日目はまちにまったタクツァン僧院へのハイキングでした。
朝は霧がかかったタクツァン僧院を見ながら上がって行きました。
結構上り坂は急で歩いては休憩しながらゆっくり行きました。
そしたらドンドン晴れていってすばらしい景色が見れました。
ガイドさんもたくさん写真をとってくれて、いい思い出ができました。
僧院の中はとても厳かで、歴史あるものがありガイドさんのお話も興味深く聞くことができました。
チベットで感じた寺院の雰囲気とはまた違いブータンの信仰を肌で感じ取れたと思います。

最後はホームスティ。
石焼風呂のドツォを経験したり、ブータンの家庭料理も堪能でき
民家の暮らしをいろいろみることができました。
この日はテレビのゴールデンタイムでMr.Bhutanというボディビルダー ブータン1選手権がやっていました。
ブータンでボディビルダー?っていうのも何か不思議な感じでしたが
テレビの映像の作り方が日本にない作り方で興味深かったです。

最終日。4日間ともにしたガイドさんとドライバーさんとお別れ。
ほんとにいろいろ話してくれたり希望をかなえてくれたり
やってくれて本当にありがたかったです。
次は冬にくるといいですよとすすめられて、もう1度行きたいなと思った旅になりました。

きれいな景色もたくさん見れたし、ブータンを堪能できたし、本当にいい旅になりました。
*******************************************************
■宿泊したホテルについて
パロのガンデパレスは本当にいいところでした。
パロ谷を臨む高台にあり、自分の部屋からはきれいな夜景も堪能できました。
歴史ある建物を利用してできたホテルなので装飾や作りも綺麗でした。

前泊したバンコクのビバガーデンというホテルもすごくいいところでした。
チェックアウトはブータン行きの飛行機が早かったため早朝になったのですが
朝ご飯のお弁当を作っていただけ親切でした。

■写真

タクツァン僧院での写真

タクツァン僧院での写真


ガイドさんとドライバーさんと撮った写真

ガイドさんとドライバーさんと撮った写真


ゴを着た写真

ゴを着た写真

2014年6月 K.T.様
旅行記と素敵なお写真 ありがとうございます。こんなに情報過多な世の中にあって、そもそも情報の少ない稀有な国ブータン。
だからこそ印象に残るのでしょう。
ゴ姿 お似合いです。また、ブータンからスタッフが来ましたら、<キラ&ゴの着付け教室>をやりますので、その時はお声掛けさせていただきます(笑)
ちなみに当社のガイドの一人は、つい2年前までボディビルの選手だったんですよ。実はかなりストイックなスポーツなんですね。聞いて驚いたことがあります。
四季のあるブータンは、まるで日本の田舎のようです。そして現在進行形で変わりゆくブータン。何度でも是非ご訪問されてください。
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加