各方面

海の映画〜フランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海を舞台にした映画といえば、私達世代であれば
「ビッグウエンデー」「青い珊瑚礁」あたりか・・・
懐かしいところでは、中学時代、男友達3人でスクリーンの一番前で見て
ひとりが あまりの興奮に?鼻血をだした「エーゲ海に捧ぐ」か。
最近の作品では「ザ・ビーチ」や「タイタニック」などがあげられそう。

*  *   *
海を舞台にした映画の中で、
「まぼろし」と「サマードレス」の2作は
異色なフランスの映画。

どちらもフランソワーズ・オゾン監督の秀逸な作品だ。

「まぼろし」は、夫婦で訪れた避暑のビーチで、最愛の夫が行方不明になるが・・・
という静かで強い夫婦愛を感じる話。
(オゾンのまだ若い頃の作品というのが驚き!)

「サマードレス」はゲイのカップルのひとりが、独りでビーチにでかけて
服をぬすまれてしまい、仕方なく女性もののドレスを着て帰るという短編。
(DVDでは「海を見る」という作品といっしょに収められているが・・・怖すぎる)

どちらも全然さわやかではないが、
フランス風の暗さや風刺が香る。

国によって「夏」や「海」の表現は様々。
その見方を考えるのも楽しみ方のひとつだろう。

しかし、これをあえて選ぶ私・・・相当ゆがんでる。

まぼろし<初回限定パッケージ仕様> [DVD]
まぼろし<初回限定パッケージ仕様> [DVD]” /></a></td>
<td valign=フランソワ・オゾン 東芝デジタルフロンティア 2003-03-28売り上げランキング : 24711Amazonで詳しく見る by G-Tools
海を見る [DVD]
海を見る [DVD] パイオニアLDC 2003-01-24売り上げランキング : 118723Amazonで詳しく見る by G-Tools
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*