日本

森へ〜伊勢神宮にて

日頃お世話になっている方へのご挨拶を兼ねて、伊勢神宮に行ってきました。

今年は式年遷宮で何かと注目されているので、
とにかく混雑が心配でしたが、運良く?雨。
カッパを着て出かけていきました。

予想通り、思っていたほどの混雑はなく、しかしそれでも十分な混み具合。

敷地内に一歩はいると、
強い木の香りがして、
不思議と気持が和みます。

気温も軽く2〜3度下がるのではないでしょうか?
直径2メーター近い杉の大木達。

木々のおかげで雨にほとんど濡れることなく、まずは外宮へ。
風宮、土宮、荒祭宮におまいりし、バスで内宮へ移動。
そして、正宮に到着。

木の影から既にほぼ完成している社屋が見えてきます。
友達が、きっと昔の人は、新しい木の社屋が〈黄金〉に輝いて見えたのでは?といっていましたが、その通り。
真新しい藁葺きや社は光る程磨きあげられ、山吹色に見えます。

偶像のない、神宮の神々しさは、兎にも角にも自然であり、木々そのものにあります。
日常的な慣習に宗教色がない私ですが、伊勢神宮にくると宗派を超えた〈自然のパワー〉を感じざるを得ません。
さらに今日はお白石持ちの日(新御正殿の敷地に敷き詰める白い石を県内の各市町村ごとに宮川から集めて奉納する行事)。
こういう自然と祭り事が、身近にある人々のことを少し羨ましく思えました。
自然と人の生活が共存しているからです。

*********************

世にいうパワースポットとは、
「人間としての感性がまだ研ぎ澄まされていた時代のひとが〈特に強い何かを感じる場所」だと思います。

私自身はあまり第六感が冴えてるタイプではありませんが、
スリランカのアーユピヤサしかり、
深い森の自然の持つ不思議かつ絶大なパワーが、人の心に、何がしかの影響や癒しを与えることは、
間違いないと思うのです。

フィトンチッドと自然の強い力をたっぷり補給しに、

千年暑の今夏は、是非

「森」へお出かけ下さい。
***********************

ところでただ今募集中の アメリカのマウントシャスタのツアーもおかげ様で、ほぼ催行確定です!
ご予約、まだ間に合いますのでお待ちしております。

コメントを残す

*