各方面

書く習慣

皆さんは、旅行日誌などをつけられたりするのでしょうか?

私は、ペンで、文字を書くことは好きです。
手紙とか。
旅行の時は仕事柄、「ここは紹介したい!」と思ったところは、ひかえたり、
場合によっては担当者に名刺を渡してきたりすることはありますが、
日誌は、旅行の仕事を始めてからはつけていません。
逆に、就職する前はつけていました。

学生旅行で行ったオーストラリアの旅日誌など、その時の切符やら時刻表まで合わせて貼ってあり、
今読み返しても面白いものです。

し・か・し、仕事となった今
私はすっかり旅というものを愉しめない人間になってしまったのかもしれません!(悲)

簡単にメモに書くことといえば、
(たとえプライベートで行った旅行先でも)気になるホテルを見学させてもらい
気に入った部屋の広さや特に興味深い特徴、
そのホテルならではのサービスと全体の印象(感想)
あとは
おいしかったとか、景色やムードがとてもよかったレストラン、などを控えてくる程度。

もう視点が、旅行企画の目になっていて
ちょっとした観光に出かけても、これはツアーで紹介できる・できない、などと考えてしまうのです。

今年10月1日「been there done that」略してBTDT2という日本版の旅行手帳が発売になります。
かのヴァージングループ会長のサー・リチャード・ブランソンをはじめ、世界中の多くの人々から賛同を受けている
「自分の旅行史を記すチェックリスト」で
手帳には世界地図や世界遺産、空港・都市など様々なコンテンツが盛り込まれています。

別に行ってなくても、「空想だけで埋めていく」のもいいな、と私は考えています。
機会があったらぜひ見てみてください。
グッドデザイン賞も受賞しています。
been there done that

ちなみに、今私がつけている唯一の日誌は「晩御飯日誌」です。

関連記事

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA