日本

富士登山

七夕の日 今最も話題の富士山に登って来ました。
世界文化遺産認定と山開き最初の週末。

5合目はまるで原宿駅前の混み具合。
12時半から登り始め、15時頃7合目の小屋へ。
ここで夜迄待機。掛け布団2人に1枚の寝床で仮眠。
夜22時発が大風の為待機。
結局0時発で小屋を出発。
普段の運動不足がたたり、7合目当たりで友人達とは別グループに。
友人らは霧雨と暴風の中 山頂へ。
私ともう一人は本八合目。

すでに赤くなり始めた御来光を眺める事に。。。

写真の通り素晴らしい景色。
この風景を手に入れるまでの相当な疲労と寒さ、空腹…

よく登山は人生に例えられることがあります。

登るペース、 天候による判断、装備、同行者らとのペース…山登りがまるで仕事にも人生にも置き換えられるのは、無数の選択と判断によって成就する結果が俯瞰できる点が似ているからなのでしょう。

行って良かったですが,あの辛さは1回でいいかな、というのが率直な感想です…ハイ。

私の今年の旅はブラジルに始まり、スリランカ、富士山…。
今年の旅はかなりナチュラリスト系かも?

コメントを残す

*