ヨーロッパ

モーリス・ベジャール・バレエ団

私は自分が踊れないせいか、「ダンスを見る」のが好きです。
特に、見たことない人間の動きやユニークな演出に感動します。
そしてダンサーの男女とも完璧に美しい身体。まさに理想の体型です。

モーリス・ベジャールのバレエは非常にユニークで斬新な踊り、
そして演出を楽しむことができると思っています。
私には、以前、東京バレエ団が踊った
冬眠から目覚める虫の動きがいっぱいの「春の祭典」がとても印象的だったのです。

今回は「3人のソナタ」「火の鳥」「アリア」。
加えて日本公演特別演目の「メフィストワルツ」。
今回は亡くなったベジャール氏の威光を継いだジル・ロマンという
ベジャール団歴20年のトップダンサーが美術監督。

本当にバレエ素人なので、真のファンの方には失礼で稚拙な感想ですが、
やっぱり面白かった。

「人ふたりが組み合わさった時の不思議な形」がいっぱい。
生身の人間の表現できる様々な動きとシルエット、
そして集団の図形的な動き。

印象に残ったのは、(私レベルの失礼な表現ですと)「二人羽織風」ダンス。
「メフィストワルツ」はその点で特に楽しめたし、
アンビバレントなな音楽の「アリア」も格好良かったです。

驚くべきは、私が観ていた遠く4階席からも
ダンサーの荒い息遣いが聞こえたことでした。

人を感動させるパワーには、並大抵のパフォーマンスでは駄目なんですね。
常に真剣、全力であること、がきっと大切なのでしょう。

モーリス・ベジャール・バレエ団

ところで、以前全くのプライベートで友人の紹介でバレエダンサーの方にお会いしたことがあります。
ヘスス・パストール氏。
単なる陽気なスペイン人だと思いきや、
かのアメリカン・バレエ・シアターにソリストとして在籍して
いた経歴を持つ超有名ダンサーでした。
今 彼はスペインのマドリッドで、ご自身のダンス・カンパニーを結成させたようです。
いつか観に行かせていただこうと思っています。
ちなみに彼もベジャール氏の「火の鳥」と「Nomos Alpha」の2作品のタイトルロールを踊ったことがあるようです。

Jesus Pastor
英語読みはジーザス・パスター、スペイン語読みはヘスス・パストール

コメントを残す

*