日本

アート・ビオトープ那須 |「アートな自然」で五感を刺激しながら学びも体験できる癒しのホテル

自然とヒトの創造性の素晴らしさが融合した新しいタイプのホテル

東京から東北新幹線で約1時間強。那須塩原駅からホテルまで無料のシャトルバスが出ています。高原山麓の中でも風光明媚な自然に囲まれた標高約500mの横沢エリアにある「アート・ビオトープ那須」は、豊かな自然とアートの素晴らしさが融合した日本では珍しい宿泊施設。そもそも「ビオトープ」とは野生動植物の安定した生息地。野生の生物たちが静かに共存し合う自然環境に身を置くことでヒトも心の安定を取り戻せることを信念に建てられたホテルなのです。
また、合わせて初心者から本格的な制作までできる工房を併設していて、アートに感性や創造性を刺激される、心と体がリセットできる新しいタイプのホテルといえるでしょう。

自然界にありそうでないアートな水庭の魅力

一番のおすすめは迷路のように配された踏み石をたどりながら散策できるボタニカルガーデン「水庭(みずにわ)」。東京ドームのグラウンドがすっぽり入るほどの敷地に318本の樹木と160個の池と苔の絨毯。水庭が織り成すその風景は、自然界にありそうでない、ここにしかない芸術的な光景です。正にを手がけたのは世界的に活躍する建築家の石上純也氏。
コナラ、ブナ、カエデなど、植えられている木々はすべて落葉樹なので、冬には葉が落ち、春になると芽吹き、また緑の季節がやってきて、秋に紅葉し、そして冬には葉を静かに落とします。めぐる季節、それぞれの美しさ、四季の移ろいゆく様を感じられるのも水庭の魅力です。水庭散策はツアーとして予約が必要です。

長期滞在にも対応できるシンプルなゲストルーム

冷蔵庫の付いたIH調理器と電子レンジが備わったミニキッチン付きで長期滞在にも対応できるレジデンス棟ツインルーム20平米。 白をベースに 森の借景がより引き立つゲストルームはとてもシンプル。客室内にテレビ、電話はなく、そのかわり 緑が眺められるバスルーム や上質な眠りを重視したベッドやアメニティにこだわっています。またキッチン用品は無料で借りられます。
朝食はアート作品が飾られた「Gallery & Cafe」で。 レストランはそれ以外にもう1軒。どちらも地元の野菜中心で地産地消をお楽しみいただけます。 中庭のホワイトリムジンは、「アトリエ・ワン」という建築家ユニットによってデザインされた8mもある屋台。フードカウンターになったり、テーブルになったりと店そのものがひとつの作品となっています。

自らの手で作り出すアートの創作体験も刺激的

アート・ビオトープ那須には本格的なガラススタジオと陶芸スタジオがあり、専門のスタッフの指導のもとで吹きガラスやトンボ玉づくりなどが体験できます。随時受付はしていますが、水庭見学ツアーと一緒に予約するのがおすすめです。童心にかえってワクワクする時間をお楽しみいただけます。レンタサイクルもあり、付近の散策も楽しめます。
尚、アートビオトープ那須では芸術家たちが滞在して作品の制作を行う「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(AIR)」を行っており、様々な国のアーティストのワークショップやイベントが開かれていることもあるのもユニークな魅力です。

PINKがおすすめするポイント!

世界的建築家によるデザインのアートな自然ボタニカルガーデン「水庭(みずにわ)」

シンプルでミニキッチン付きのゲストルームは長期滞在にも対応

本格的なガラススタジオと陶芸スタジオでゲストもモノ創り体験できる

関連記事

関連記事