日本

アマン東京 でディナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひな祭りディナーという名目で妙齢の女子たちとともに、なぜか私も同席で
まだプレオープンして間も無い<アマン東京>にディナーに行って来ました。
大手町タワー オオテノモリビルの33階がロビー。
地下鉄駅から直結しているのに、やっぱり少々迷う感じはAMANらしい?

4階分丸々の吹抜け空間。
盆栽の様な松、置石。
黒灰色の石と真新しい木のコントラストで和のイメージが前面の
ここがレセプションエリアだそうです。
本当に広々としていて、しかも 静寂。
見上げると障子和紙で囲われたゲストルーム階の回廊。
この和紙の天井は圧巻。(その為ロビー階は禁煙)
落ち着きあるロビーからは六本木や新宿副都心の夜景。
ゲストもまばら、
というかまばらに見える位 広く贅沢なロビーなのです。

さてさて今夜はそのレセプションエリアの右奥「ザ・レストラン BY アマン」へ。
奥の壁一面には1200本のボトルが収納できるという3階建て分くらいのワインセラーが印象的。
今回は コースメニューをオーダーしました。
玉ねぎと桜海老の葛餅風のアミューズから始まるコースは全6皿。
写真は5皿目のエビ、本まぐろの一品。真ん中のグラスの超濃厚な海老のソ-スが、もう本当に美味しくて
これ一口で白飯一膳いけそうでした(下品。。ですね。。)
最後にAランクの神戸牛のステーキが、生卵を食す習慣のない外国人の方にもお楽しみいただけるよう
鮮やかな黄色のソースにつけると「まるですき焼き!」テイストになる
素敵な肉料理で締めくくられます。
そして かなりボリュームあるデザート。
下戸の私には酔いそうなくらい濃厚なシャンパンとあまおう苺のエスプーマ。
コーヒー(ティー)付き。

ホテルディナーにしては大変お得なこのコースは税別13500円。
男性の私もおなかいっぱい。
女性には若干多めに感じる方もいらっしゃるかもしれないくらい、ボリュームも程よく、
余りのコスパの良さに、すぐ知り合いに教えてしまいました。

全84室のスイートは地上階 別棟にできる予定のカフェテリアのオープンと共に4月に向けてグランドオープンをする予定だそうです。

もちろん宿泊もおすすめですが、
いずれは予約が取れなくなるであろうレストラン。
グランドオープン前だけの静かなアマン東京に
ぜひ行ってみてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加