各方面

けんかのやめ方

NHKスペシャル「カラーでみる太平洋戦争〜3年8ヶ月・日本人の記録〜」を見る。
何気なく見ていたつもりが、テレビに釘付けになってしまった。

ほんの70年前の日本が行なっていたこと、そして日本で起こっていたことが貴重な映像で伝えられた。

私の祖父は、私が子供の頃、食事の時にシベリアで捕虜となっていた話をしようとするそばから、よく祖母に話の腰を折られ、閉口していた。
戦地に出向いた者と 待っていた者の差なのか、とにかく祖母は戦争の話を聞きたがらなかった。
今となっては私から祖父の言葉で聞いておけば良かったと思っている。

「兵隊は馬以下」の教え、玉砕という美しい言葉で人の死を伝える風潮、神風特攻隊という名の自爆テロも、日本による重慶の爆撃も、銃弾が避けられるという千人針も、皆起こっていたこと。

この事実は今を生きる日本人として知っておいていいだろう。

だってほんの70年前の日本の話で、今の私達に繋がっている事実なのだ。

結局は、
1347日におよぶ戦い(けんか)の 終わらせ方がわからなかった、ということなのか。

私にはそのように思えてしまった。

それは、私たちの日常によくあることだ。
欲とかプライドとか、ケンカの発端はいつもちょっとしたこと。
金がらみや理由も明確でない無感情な争いは、寒いことこの上ないが、
自分以外の人間と関わって生きていく上では、とても重要で、身につけなければならない処世術なのかもしれない。

決して謝り上手になれば良いわけではないけれど、人間性だけは失いたくない。

外人達が街に溢れる今の東京の日常。

きっと今は平和なのだ。

先人の方々にこころから感謝したい。