フランス

超楽観男(後)

前回続き→
さて タクシーに乗って、住所を見せた瞬間
よくわからないフランス訛りの英語で「ラストの番地のわからないゾ!」と乗車を断られそうになりました。
それでも「ほんとわかってるクセに〜まったく完璧主義者なんだからぁ」くらにしか思ってませんでした。

そして到着したのは夜のマレ地区。
「この1ブロックのどっかだよ、たぶん」ばりでタクシーを降ろされ、
私は大きなリュックしょったまま、歩き始めたのです。

1辺が300mほどのブロックを1周…2周・・・
パリの友人のオフィスに電話するはずが、番号わからず、しかも半日遅延。
その時になって初めて「あ、そういえば俺(友達の)会社名も知らないじゃん!」

私は本当に何も知らない、無準備でパリまで来てしまったのです。

それから何周あたりを回ったでしょうか・・・・
「こんな時間に働くフランス人はいない」
「友人(日本人女性)は僕から連絡がこないのをおかしいと思って、絶対待っててくれている」
そんな事をずっと考え、明かりの灯る部屋に目を凝らしながら
何周も何周もしたのです。

そして十何周目かで、偶然にもある場所の2Fの窓に黒髪の女性の後ろ姿を一瞬見た気がしました!
「あそこだーーーっ!」

私は、自分の持っているありとあらゆる紙を丸めて、その2Fの窓めがけて
勢いよく投げ始めました。

しばらくすると、中にいたフランス人のおばちゃんが、窓を開けて私に「やめなさいっ!」みたいなそぶりで
怒り始めました。
私はそれでも紙屑を投げることをやめませんでした。

そしたら、奥から出てきたのです。
私の友人が!

私は両手を思いっきり振って「こんばんわー!」
ふーっ 一件落着!             
                *

ちなみに怒ってきたフランス人おばさんは、私が石を投げつけてると思ったということでした。

                *
若気の至り・・・にしては本当にアホで危険でした。
ただ運だけ良くって…・

さすがにこんな旅は最初で最後。

その私がひとさまのご旅行のお世話をしています。(汗)

ご安心ください!
もう十数年前の話ですからっ。

 

コメントを残す

*