スリランカ

ワイルドコースト・テンテッドロッジ・ヤーラ|本格サファリとインド洋が出会うグランピングホテル

ワイルドコースト・テンテッドロッジ・ヤーラ WILD COAST TENTED LODGE / スリランカ(ヤーラ)

動物の気配まで感じる豪華テント・ホテル

スリランカ南部ヤーラ国立公園の再突端、ビーチの目の前に建つワイルドコースト・テンテッドロッジ。ホテルレセプションやゲストルームはブッシュエリア、ホテルプールやライブラリーは海が目の前のビーチエリアにあるスリランカの大自然を十二分に味わえる贅沢な立地。
28棟なコクーン(繭)型の瀟洒なテントがゲストルームとなっており、大きく5つエリアに手のひらのような形で立っている。それぞれのエリアには「象」や「鷲」「猿」「熊」などのラテン語の名前がついており、それぞれ湖があって、朝夕様々な動物達が水辺にやってくるような造りになっている。最大のエリア「猿」エリアはどうやらゾウたちの通り道のようだ。(写真はテント付コクーン)

1泊に1回の本格的なサファリ付

ヤーラ国立公園は200種類以上の鳥と40種類以上の哺乳類が生息しており、特にレパード(スリランカ豹)がいることで有名。このホテルに宿泊すると、ホテル専属のレンジャーがジープで1泊1回本格的なゲームサファリに連れて行ってくれる。(宿泊代金に含まれています)
ゲームサファリは1日2回、朝6時からと夕方18時頃から1回2時間程度。ジープの荷台に乗って出かけるので、それなりの体力と覚悟は必要そう。

本物のグランピングが愉しめる

コクーンは55㎡。天蓋付のベッドに、革張りの椅子。家具などは南アフリカから特注で取り寄せたこだわりのインテリア。さながら大英帝国の探検家のような気分にさせてくれる。もちろんエアコン完備で室内は快適。ブロンズのバスタブに湯量豊富なシャワーで水回りの不安もなし。ただし、夜中にテントのすぐ横を熊やイノシシ、象などが歩くこともあり、就寝前の静かな時間に「気配」を感じるスリリングな体験もあることは覚悟した方がよさそう。
それを含めてのグランピングが、まさかのスリランカで味わえる珍しい本格派サファリ・リゾートなのだ。
ちなみにホテル内はカートもなく徒歩移動になることと、ディナー時レストランに行くのにもホテルスタッフの同行が必要で、夜の外出はできるだけ避け、夜のテント外へは懐中電灯必携。ベッドは全室キングサイズベッド1台のみなのでご注意を。

■おすすめのホテル発エクスカーション
・ネイチャーウォーク(約1.5~2時間)
ホテル専属のレンジャーとロッジ周辺を徒歩で回ります。鳥や草花の説明を聞きながら、野生動物と遭遇できるかも。

PINKがおすすめするポイント!

1室130㎡以上のゆったりとした造り

世界的なホエールウォッチングも体験できる

ルレ・エ・シャトーグループホテル

ホテル情報

ホテル名 ワイルドコースト・テンテッド・ロッジ・ヤーラー WILD COAST TENTED LODGE YALA
住所 Yala National Park,Sri Lanka
TEL +94 11 7745730
FAX
部屋数 28
URL ワイルドコースト・テンテッド・ロッジホテルサイト

コメントを残す

*

CAPTCHA