日本

保健農園 フフ山梨|マインドフルネスな富士山の見えるホテル

FUFU YAMANASHI /日本(山梨)

遠くに富士山を望むフフ山梨

FUFU YAMANASHI / 日本(山梨)

日本人に合った脱ストレスな環境づくりのプロ集団が作ったホテル

保健農園フフ山梨 は、日本におけるEAP専門機関のパイオニア的会社、株式会社ジャパンEAPシステムズという会社が運営をしています。「EAP」とは「企業が従業員の メンタルヘルスケア のために行う包括的なプログラム」で、アメリカでは1940年代、日本では2000年以降に入ってきたプログラム。そもそも数多くのプロのEAPメンタルヘルスカウンセラーやメンタルヘルスコンサルタントを抱えている会社が運営されている施設だからこそ、日本人に合った脱ストレスな環境づくりをよく理解している会社が医師・専門家の監修のもと心身の健康を保つために必要な 6つのアプローチに基づき、 プログラムや施設をコーディネートしています。キーワードは「感覚」。マインドフルネスな理念が生かされた施設なのです。

ヨガや座禅など様々なプルグラムが楽しめます

ひとりでもふらりと行けて、楽しめる充実の体験プログラム

東京から電車で1時間半。山梨県にある保健農園フフ山梨は、 「ココロとカラダを整える」をテーマに、自然の中でただ宿泊するだけではなく ヨガ、坐禅、農園づくり…など、 専門家の監修のもとさまざまなプログラムを用意されています。
特に宿泊中無料で参加できる日替わりメニューは朝・午前・夕方毎日あり、朝は座禅やマインドフルネスヨガ、そして昼間はホテルの農園で土いじり体験 、夜は快適な眠りにつくためのリラックスエクササイズがスケジューリングされています。自分の体験したいプログラムに合わせて曜日を選んで宿泊をされるひとり旅の女性のお客様も多いとか。またオプションとして2時間ほどの森林セラピーや5時間ほどの1713mの小楢山トレッキング、アロマトリートメントなどもあります。

全室異なる造りの部屋

保健農園ホテルフフ山梨は全14室。ツインルームから最大8名が1室に宿泊できる和室もあります。同じ部屋はひとつもありません。部屋ごとに違う個性があり、それぞれの眺めが異なります。眠りが深くなるようにお部屋にテレビはなく、代わりにオーディオがあります。アメニティもローズマリーのシャンプーなどホテル内には、季節に沿って自然な時間が楽しめる外風呂や暖炉など、ストレスを解き放つ施設が点在しています。

バラエティ豊かな部屋は全14室

地元のとれたて野菜をふんだんに使った食事

保健農園ホテルフフ山梨の食事は、野菜中心。近隣の畑でとれた季節の無農薬野菜をふんだんに使い、無添加の調味料など、安全・安心に気を配られたおいしい食事が好評です。 味覚はもちろん、彩りや香り、舌触りなど、五感をフルに引き出す食体験を大切にしているそうです。

客室数:14室  ペット不可 子供:ご宿泊いただけません。
チェックイン 14:00~16:30 チェックアウト ~11:00

地元のとれたて野菜中心の朝昼夕の食事付

PINKがおすすめするポイント!

ココロとカラダを休めて感覚を研ぎ澄ますマインドフルな宿

日替わりの大充実プログラムが無料で体験できる

東京新宿から約2時間でホテルに到着の便利さ

関連記事

関連記事