フランス

食べるという感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「食」に関して、もしかしたらTOKYOという街ほど、
バラエティに富み、しかも美味しい料理が楽しめる街は世界中でも珍しく
事実昨年も全国で15店の飲食店がミシュランの星を獲得しています。

フレンチ、イタリアンから,モロッコ、トルコ料理などまさに世界各地の料理が味わえることでしょう。
私が注目するのは、
★食の感動は、口にいれた<一瞬>で巻き起こること★

たぶん旅行の仕事が、お客様に感動していただくまでに
1か月〜数か月かかるせいだと思います。

お客様に感動していただくことには変わりないのですが、
この速さの違いを味わいに、時々出かけることにしています。

昨年夏かの「すきやばし次郎」のかんぴょう巻の美味しさに
キョーレツに驚いたことがありました。
本当においしくて、びっくりしてしまったのです。

* * *
先日、大好きなフレンチレストラン「ル・クレラシオン・ナリサワ」
へ。

こちらのお店は、味もさることながら、その演出などすべてが食べられるアートのようであり、旅のようです。
食べて何度か訪れる触感や風味や味の変化の楽しいこと!
時々感動をいただきに伺わせていただいています。

旅行にもこんな感動をちりばめられたら・・・
いつも思いながらお店を探しているのです。

写真の苔玉のようなものは,

バターです。
今季のナリサワさんのテーマは「森とともに生きる」でした。

本当に素敵です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*