フランス

食 動物 家庭菜園

来月パリの某有名レストランのシェフが日本に遊びに来る、ということで、
たまたま知り合いになったこともあり、歓迎の宴をどこにしようかと友人とあれこれ話し合いました。

そもそもフランス人との食文化の違いは、
先日のノルマンディを訪れた時、強く感じました。
シャトーホテルのファームの見学に行ったのですが、
ずらりと並ぶ仔牛達を前に、「この子たちは美味しい食肉になるのよ」とにこやかに説明され、
その場にいたたまれなくなったのです。
             *       *        *
そういば今月からアメリカのカリフォルニア州では世界3大珍味のフォアグラの生産・販売が禁止になりました。
フォァグラのファームを訪れると、フォアグラが食べづらくなる、という話を友人から聞いたことがあるが、何となく想像はつきます。

確かに私は焼肉やケンタッキー、フォァグラなどを食べることは大好き。
同時に 犬を数匹飼っており、動物が好きであることも確かです。

見て見ぬふりをしてでも、味わおうとする欲が自分にあることを自覚し、
フランス旅行以来、<命をいただいているのだ>ということをかみしめながらありがたく いただくようになりました。。。

             *       *        * 
さてさて 最近 自宅のベランダでミントやらあしたば、
昨年からは日本の気候もここまで来たか、という感じで なんとオリーヴの木に 実がなり始めました。 
10年前までは「ゴーヤは自宅栽培」なんて、沖縄の話かと思っていたのに。
そのうちオレンジやレモンとか作れちゃうんじゃないかな、

農作物や植物は、剪定(せんてい)してあげることで活き活きしてくるものです。
そろそろ食べてるばっかりの受け手側でなく、
農業に目覚めたほうがいいのだろうか、と思うこの頃です。

                *       *        * 
ところでこの映画、SFですが以外にもいろいろ考えされた映画です。
この「食」についての一考に通ずるものがありました。。。

アイランド [Blu-ray]
アイランド [Blu-ray] ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11売り上げランキング : 62915Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

*